FC2ブログ

音楽~最近の音楽事情~

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
2010/04/15(木)13:32
~ブログ開設から61日 更新67回~


今日は随分と冷え込んでいますが、皆さんお風邪など召しておられませんか?
私はお昼休みを挟んで講義が空くので、暇になってしまいました(笑←
ですので本日2回目の更新です(珍
こんにちは、朔です。


今回の題目は音楽です(久々
なんだか久々な気もしますが、きっと気のせいです(笑←

さて、音楽というとヘッドフォン派と流しっ放し派がいますが、私は常に流しっ放しです。
最近は家族がいない家の中で、大音量にして聞いてたり(大←
元々はイアフォンで聞いていたのですが、知り合いのバンドからのお誘いでライヴハウスに通うようになってからは、流しっ放しのスタイルになりました(笑

アーティストのライヴなんかでもそうですが、音がダイレクトに自分の中に響くカンジと、聞き手が感動を共有できてる感覚ってありませんか?
ギターの弦の振動やドラムのビート、ベースの重低音にヴォーカルの声音。
そういうものが自分の中で響いているような感覚。
・・・共感してくださる方がいらっしゃるといいのですが(苦笑

とにかく、そんなカンジが好きで音楽は流すようになりました。
今はCD買って初めて聞くときだけイアフォンを使います。
音を身近に感じる事で、漠然と聞いているだけでは判らないところ(微妙な和音、裏、音の遷移、質感)まで拾うためです。
1回判ると流しっぱなしでも、「ここはこうだったなぁ」って意識する事が出来るので、細部まで拾う事が出来たり。


そして聞いている音楽。
最近は作業しながら聞く事が多くなったので、サントラをBGMにすることが多かったりします。
例えばガンダムUCの『UNICORN』やスカイ・クロラのメインテーマ、サマーウォーズの『THE SUMMER WARS』
後は、坂本龍一さんの『Energy Flow』『Merry Christmas Mr Lawrence』『フォトムジーク』、久石譲さんの『summer』、梶浦由記さんの『歴史秘話ヒストリア』なんかも多かったり。

ガンダムUCは、弟の買ったものを一緒に見ていたら、すごく効果的な使われ方をしていて良かったので最近よく聞いています(笑
とにかく壮大!この一言に尽きます(笑

教授や久石さんは説明不要ですね(笑
この方たちの作品は、聞いていて全く飽きないところがすごく魅力的です(凄
緑や自然の情景を彷彿とさせる作品があったかと思えば、今度はモダンでクラシカルな作品があったり、かと思えば幾何学的(使い方変ですが←)な印象を持たせるものもあって。
普遍性といえば作品の秀逸性についてのみで、作品事態は様々な方向へ主張が向いていて柔軟で、本当にすごいな、と尊敬します(敬


ヴォーカル付だと、The Pillowsの『Last Dinosaur』、スキマスイッチの『雫』、三谷朋世さんの『カールのテーマ』『時の階段』、LieNの『Liar's Smile』、Kalafinaの『sapphire』『君が光に変えて行く』なんかは聞き惜しみしながら大事に聞いてます(何←


結構長く書いてみましたが、共感を得られるようなところがあったかどうか(笑汗
次の講義まで後3時間、お喋りだけで持つかな?(苦笑←
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://narumichiori.blog41.fc2.com/tb.php/76-dbfe20b1
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド