ノート~TORCH症候群~

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/07/17(水)20:10
~ブログ開設から1250日 更新516回~

お勉強の合間に。
こんばんは、朔です。

*

TORCH症候群

というわけで、備忘録に勉強した内容をまとめていきたいと思います。
そのままファイルできるから無駄にならないしね。
いつまで続くかは内緒(秘←

では早速。
TORCH症候群、「トーチ症候群」と読みます。
こういう名前の疾患があるわけではありません。
胎芽期(~在胎2ヶ月頃)~胎生期(在胎9週以上)にお母さんが罹患すると、
子どもに重篤な障害が現れる疾患をまとめたものです。

TORCH
T:先天性トキソプラズマ症
O:その他
R:先天性風疹症候群
C:先天性サイトメガロウィルス
H:先天性ヘルペスウィルス


これらの頭文字を取ってTORCH(トーチ)というわけですね。
全て感染症で、お母さんが罹患すると胎盤を通して胎児にも感染する恐れがあります。
何が問題かと申しますと、胎児が発生する過程で臓器や器官が形成されるのが胎生8週頃なのです。
つまりこの辺で感染しますと、身体的な奇形や臓器の形成不全なんかが起こるのですね。

それぞれの症状を見ていきますと。

・先天性トキソプラズマ症

トキソプラズマというと猫とネズミのお話が馴染み深いでしょうか。
感染経路としましては、猫さんの糞便やウィルス(シスト)を含んだ食肉からの経口感染が一般的。
症状としましては、脳内の石灰化、水頭症、精神運動発達遅滞などが生じます。
ただしお母さんが罹患しても軽胎盤感染する確率はあんまり高くないとか。

・先天性風疹症候群

いわゆる「はしか」ですね。
少し前に大学生が一斉に罹って話題になったりしたあれです。
英語だと「ルーベラ」って言うので、頭文字がRになります。
こちらは在胎週によって症状が変わってきますが、
~妊娠7週:白内障、心奇形、難聴に加え、精神発達遅滞が生じます。
8~24週:難聴のみ。
→感染時期で症状が変わるのは、臓器の形成時期に違いがあるためです。
 内耳の発生は7週~5ヶ月頃までなので、臨界期(感染による影響を受ける時期)が長いのですね。

・先天性サイトメガロウィルス感染症

これは認知度高いのかどうか。
小児聴覚の分野ですと、難聴を引き起こす胎芽病として有名かな。
感染すると、小頭症、脳内石灰化、脈絡網膜炎、精神発達遅滞、難聴などを引き起こします。
ちなみに成人ですと、髄膜炎や肺炎、網膜炎なんかの炎症症状が出現しますです。
また髄膜炎からウィルスが体中に回ると、大変危険なことになりますです。

・先天性ヘルペス感染症
単純ヘルペスウィルスに感染することで生じます。
ヘルペスだと性病とかの方が有名かな。
小頭症、水頭症、脳内石灰化、脳実質障害、脈絡網膜炎なんかが生じるそうです。
何で伝聞体かっていうと、この疾患はかなり稀で発症することがほとんどないんですね。
じゃあ、なんで症候群でまとまってるんだ?っていうと何でなんだろうね・・・?←



そんなカンジでTORCH症候群でした。
小児科学とか発達障害学だと割かしメジャーな話題な気がする。
需要があるかどうか、なんて考えちゃダメ。
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://narumichiori.blog41.fc2.com/tb.php/539-b7f5f776
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。