日記~実習と再会と~

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/31(日)23:04
~ブログ開設から1142日 更新509回~

怒涛の1週間を乗り越えた聖ちゃんは語る。
過労と睡眠不足で疲弊しながらも、それでもなお白紙のレポートと実習に立ち向かう我々の姿は、
さながら貧民街をさまよう絶望の浮浪者か、はたまた覚悟を決めた若年の兵士のようであった
、と。
こんばんは、朔です。

*

実習

というわけで、1週間と少しですが、実習を乗り越えました。
残すところ、あと3週間弱。
田植えが始まる頃には学内実習も終わるでしょう。
・・・なんて例えるから田舎者と謗られるわけか、なるほど。←

しかしながら「怒涛の」なんて言ってる割には、今現在結構楽しんでいる自分もいたりして。
もちろんやることは沢山あるし、毎日実習で臨床に出るので大変は大変なのです。
でも、一つ一つの体験が新鮮で、しかも「面白い」って思えてしまう。
こんなこと、患者さんたちに言ったら怒られるかもしれませんが、それでも事例に触れるのは楽しいのです。
今まで蓄えてきた知識が線になって、症例に結びついたり、あるいは希薄だった”点”がはっきり見えてきたり。

そういう意味では、やっぱり座学と臨床は違うなぁって思ったり。
座学での知識ももちろん大事なのですが、それを実際の体験として受け止められる臨床場面は貴重で重要です。
座学で曖昧だった部分が臨床では理解できたり、逆に座学で知った気になっていた事が臨床では難解だったり。
とにかく、今は忙しさと同じくらい楽しさ、面白さを感じる毎日であります。ということで。



再会

話は変わりまして、実習期間中に中学の同窓会(プチ)がありまして。
その連絡を受けたのが臨床上がりの7時頃だったでしょうか。
その後事例についての事後カンファがあり、また次の日も実習だったので断ろうかと思っていたのです・・・が。

朔:というわけで実習があるのでいけな・・・
A:そうかー、●ちゃんとか朔に会いたいって言ってるんだけどなー。実習じゃ仕方ないよね、うん仕方ない。
朔:ごめんね~
A:実習じゃ仕方ないね。あ、じゃあ会いたさ余ってこの後朔んちに皆で押し寄せるのも仕方ないかー。
朔:あ?
A:いやね、●ちゃん明日帰るっぽいからさ。帰る前に皆で朔んち行こうかって。どうする?
朔:わ、我が軍はテロには屈せんぞ・・・
A:みんなー!朔が自分ちおいでってー!
朔:ごめんなさい行きます行かせていただきます


そんなわけで 脅迫 お誘いされたので、同窓会に参加してきました。
9時に会場→朝4時半までカラオケ→5時に帰宅→次の日8時に大学→9時から臨床。
正気の沙汰じゃないね、うん。
めちゃくちゃ楽しかったけれど、一次会で帰すって言ったA、もう絶対お前信じないからな。←

カラオケ行ってからも何だかんだで話し込んでいたので、結局5~6時間お話してたのかな。
皆で集まるのも久々だったので、他愛ない話題でも広がって広がって。
知らん間に結婚して子どもいる人とか、離婚してる人とか、会うのが久々すぎて顔変わってる子とか。
人生相談されたりとか雑談したりとか、最近ではかなりまったりとした時間を過ごすことができました。
結果、次の日眠気がとんでもなかったけれど、とっても楽しめた時間でした。



そんなカンジで近況でした。
しばらくは実習ですが、時間があれば更新していきたいと思います。
また皆で集まれることを祈りつつ。
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://narumichiori.blog41.fc2.com/tb.php/533-d60caef9
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。