FC2ブログ

音楽~RE:I AM~

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/14(木)09:15
~ブログ開設から1125日 更新508回~

Aimer(エメ)さんの『RE:I AM』です。
歌詞を探しても出てこなかったので、自分用に書いてみました。
それからUCのEP6も購入したので、追々レビューを上げていきたいと思います。
こんにちは、朔です。

*



RE:I AM/Aimer

作詞:澤野弘之
作曲:澤野弘之


遠くの鼓動がまだ響く間
裸の言葉胸に閉じ込めた
記憶の色が滲み始める
破れた世界の隅(すみ)で

何も求めずにただ抱き寄せる
今の僕にはそれしかできない
震えた強がりでもプライドにみえる
はぐれた子供のように

最後の声さえも 風が彷徨うせいで消された
月に手を向けたまま 君は宇宙(そら)の星に消えた

そばに居てと抱きしめても
もう二度と聴こえない君の歌声は
降り注いだ雨のサイレン
僕の代わりに今この空(そら)が泣きつづける

これまで踏みつけてきた教えを
今かき集めこの胸にあてても
救い求め歌うようなお遊戯にみえる
物語る大人のように

言葉に寄り添うだけの
空(から)の愛と導きはいらない
飾られた祈りでは
明日の手掛かりに触れない

いつか君に届くはずの
名もなき幼い詩で描く徒花(徒花)を
忘れたいよ一度だけ
眠れぬ哀しみがその詩(うた)を抱きしめてる

投げ捨てられる正しさなら
消えることない間違いの方がいい
臆病に隠してた声も今
この手でもう一度探せばいい

掴む帰途の咲く光も
乾いた心のせいでモノクロに見えた
忘れないよ今日の景色を
ありふれた願いが足元を照らしてくれる






Aimer/RE:I AMは3月20日発売になります。
久しぶりにCD買おうかな。
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://narumichiori.blog41.fc2.com/tb.php/531-34e6224a
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。