FC2ブログ

映画~3本立て~

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/02/05(火)11:31
~ブログ開設から1088日 更新501回~

普段の3倍でお送りしております。
こんにちは、朔です。

*

映画

というわけで映画。
今回は視聴した映画の本数が多いので、まとめて記載したいと思います。
では早速。



ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

ある日、自分の母親の自殺の現場を見てしまったエミリーは心を閉ざしてしまう。それを心配した父であり心理学者でもあるデイヴィッドは、エミリーと飼い猫のセバスチャンと一緒にニューヨーク郊外に移り住むことにする。しかし、そこでエミリーは見えない友達、チャーリーと遊ぶようになる

ホラーテイストのサスペンス・・・になるのかな。
母親の自殺をきっかけに心を閉ざした少女が、新居で新しい友達と遊ぶようになるのだけれど、誰もその友達を見たことがない、わからない、といったカンジでしょうか。
ミスリードなのかはわかりませんが、それに関連して父の教え子や保安官、隣人などが登場します。

しかしながらこの隣人、中の人が玄田哲章さん(シュワちゃんの中の人)なので、良い人感全開なのよね(笑
ついでに言うとエミリーの中の人が堀江由衣さんなのでとっても喜びました♡主に私が←

見所としては、
①チャーリーはいるのかいないのか?
②チャーリーがいるならそれは誰なのか、それとも登場人物以外の第三者なのか
というところでしょうか。

私は『チャーリー=知らない誰か(幽霊とか亡霊とか)』で構えて見ていたので、結末は意外だったかも。
蓋を開けてみれば割とありきたりなネタではありますが。
まぁ、エミリー可愛かったからいいんじゃないかな(適当←



60セカンズ

超高級車の窃盗のエキスパートだったメンフィスが窃盗の世界から手を引き地元を離れて生活をしていた。ある日、昔の仲間のアトレーがやってくる。彼はメンフィスの弟キップとその仲間たちが、闇の窃盗組織に雇われ高級車を盗む途中で、アジトに隠していた盗難車を警察に押収されてしまい命の危機が迫っていることを伝えに来たのだった。メンフィスは単身地元に戻り、組織のボスであるカリートリーと話をつけようと訪れるが、キップの命と引き換えにメンフィスに後始末を迫る。弟の命を守るため、二度と窃盗をしないという母親との約束を破り、後始末をつけることを決意する。しかしその後始末の内容は、超高級車50台を時間内(4日後の午前8時まで)にすべて集めろというものだった。

ニコラス・ケイジ主演の60セカンズ。
『マッチスティック・メン』でも思ったけれど、ニコラス・ケイジは凄腕の犯罪者って役どころが似合いますな。
内容的にも綺麗にまとまっていて、一定以上の年齢なら誰でも楽しめると思います。
車が好きとか興味がある方はもっと楽しめるのかな。

泥棒稼業の裏側や、組織の抗争なんかも見てて面白いところです。
ルパンよろしく銭形ポジションの刑事も出てくるのですが、長年追い続けたメンフィスに命を救われたことで、彼を逃がすなど男らしいところがまた格好いい!

あとはしょうもないと思っていた主人公の弟が、ラストで主人公にエレノア(1967 SHELBY Mustang GT500)をプレゼントするところなんてどうしようもなく最高のエンディングですよ、もう。
このエレノア、主人公にとってのユニコーンで現役時代どれだけ狙っても必ず盗みに失敗するという車でした。
それを真面目に働いたお金でプレゼントする弟の気遣いがまたいいですね。
結局相性の良くないエレノアは微妙に走ってまたもエンストしてしまうのですが、この辺の演出がニクいですな。

今回視聴した映画の中で一番面白かったです。



シンプル・プラン

ハンクは妊娠中の妻とともに田舎町で貧しい暮らしを送っていた。ある日、墜落した自家用機の中から440万ドルの現金を発見する。この大金が自分達の未来を変えてくれると信じた彼は、妻のサラ、どん底の暮らしを送る兄のジェイコブらと共に、現金を自分達の物にするためのシンプル・プランを立てる。

題材が面白いな、と思った映画『シンプル・プラン』。
たまたま発見した大金を自分たちのものにするべくあれやこれやと策を弄する主人公たちですが、それがことごとく裏目に出て結果的に元の生活より悲惨な現実に直面するというお話。

割と実生活でもありますよね。
何かを隠すためにあれこれやってたら、結果的にバレちゃったなんてこと。
その辺の描写がリアルで面白かったです。
万人受けはしないだろうけれど。←

こちらは主人公の兄とその友人がどうしようもない人間で、そのおかげで主人公が疲弊していきます。
最終的には兄の方は弟(主人公)を慮って彼のために最良の選択をしようとするのですが、それが良かったのかどうかと言われると・・・うーん主人公にとってはどうだったんだろうね。



というわけで、映画3本でした。
それぞれ個性の強い映画ですが、ハマると面白いんじゃないかな。
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://narumichiori.blog41.fc2.com/tb.php/524-33a5cc64
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。