FC2ブログ

映画~黒いユニコーン~

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/30(日)23:04
~ブログ開設から960日 更新476回~

台風が来るとちょっぴりワクワクするよね。
内陸だとたいした影響もなく過ぎてしまうからかもしれないけれど。
風がごうごう吹いているのはどことなく心地良いものです。
こんばんは、朔です。



機動戦士ガンダムUC 第5巻 黒いユニコーン

実習明けたしね。
映画とか小説なんかの感想もちょいちょい上げてくよ。
というわけで、かなり今更感はありますが、UC第5巻。

イイトコロ。

・黒いユニコーン襲来~お披露目
・ブライト艦長との会話
・往年のファンには地味に嬉しい(らしい)カイさん&ベルトーチカさん
・UC初の空戦
・やっぱりヤられ役のワッツ(笑
・ユニコーンVSバンシィ そのついでに半壊するデルタプラス(酷
・説得するキャプテン
・サイコフレームの光が赤→緑に
・謎のアンジェロ無双&やたら嬉しそうにバズーカ打つ全裸さん


大体こんなところでしょうか。
今回は見せ場連発で終始ドキドキしっぱなしだった気がする。
ファーストとか見てたらもっと楽しめたんだろうな、とか思うと少し残念。
そしたらちょこちょこ拾っていこうか。

まず黒いユニコーン(=バンシィ)。
初登場だというのにEXVSFB並に暴れまわってたね。←
アームドアーマー、NT-D等、動画としてはすごく印象的だったけれど、細かい設定説明を挟まなかったのは残念。
あとリディはどうでもいいとして、スペック見せるためだけにデルタプラスちゃんを壊さないで下さい!←

ちょくちょく出ていたブライト艦長はようやく主人公と邂逅。
この人の過去や背景は知らないので何とも言えないですが、例によって良い大人ポジションのお方なのだろうか。
「その時、君の前にガンダムがあったことは偶然かもしれない。だが、ガンダムに乗ると決めたのは君自身の意思であって偶然ではないはずだ。その時、君にガンダムに乗る決意をさせたものは何だ」
的なセリフがあるのですが、これは結構グッときたですの(熱

空戦はぎゅんぎゅん動いていて良かったね。
どこぞの「スペシャルで模擬戦で2千回の人」と同じポジションになりつつあるワッツェ・・・←
オードリーダイブ後「受け止めなさいバナージ」→「何とかする!」の流れが1話の再現でこれまた熱かった。

ユニコーンVSバンシィ
武装全解除というハンデの中、肉弾戦(+奪ったビームサーベル)のみでバンシィと渡り合うユニコーン。
対照的に挑発した挙句フルボッコにされるリディ←
デルタプラスさん結構好きな機体だったのだけれど、ここでリタイアなのかしら。

マリーダさんを説得するキャプテン
マリーの回想、「戻ってこいマリーダ!俺を一人にするなぁ!!」の台詞、音楽のシンクロ率が半端でなかった。
この辺で少し涙ぐみ始める。

戦闘後、宇宙へ。
テザー射出→「宇宙へ帰ってこい、バナージ!」→「ダメだ、機体が裂けちまう!」→サイコフレーム発光緑に→無事宇宙へ この流れは何というか物凄くくるものがありました。
特に泣くようなシーンでもないのに、何故か初見時に号泣してたり。

そして最後、謎のアンジェロ無双。ローゼン・ズールだっけか、あれ。
3巻ではボロボロだったのに、予想外に強くなってて少しシュールだったかな。
フェードアウトもギャルソンか執事チックでちょっと笑ってしまった(笑
今回は一時的に味方、と見て良いのだろうか。



そんなカンジでUC5巻でした。
バンシィを見つけてしまったリディとか、緑色になったサイコフレームとか気になることいっぱいだね。
巻数も増えて7巻が最終話になるとか。
とりあえず、来年の6巻に期待するといたしましょうかね。
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://narumichiori.blog41.fc2.com/tb.php/498-ffe9b6ec
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。