FC2ブログ

日記~違法ダウンロードについて~

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
2011/12/11(日)04:51
~ブログ開設から666日 更新410回~

昨日10日から11日にかけて月食がありました。
知ってる人は知ってたのかな。
ネットをふらふらしていたら「本日月食!」なんて記事が目に入ったので、どれどれと覗いてみたわけでございます。

うちの方は雲もなくすっきりと晴れた夜空だったので、結構くっきりと見えたりなんかしまして(おぉ
11時過ぎくらいから徐々に欠けていくお月さま。
完全に月食になると辺りが暗さを増して、何だか不思議なカンジでした(訝
次は3年後らしいので、見逃した方は後3年間お待ち下さいね(笑←
こんばんは、朔です。



違法ダウンロード処罰へ

 違法ダウンロード処罰へ法案=自公

 自民、公明両党は7日、インターネットを通じた音楽や映像ファイルの違法ダウンロードに対し、

 2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科す法案をまとめた。

 民主党に協力を求め、来年の通常国会で成立を目指す。

 ネット上では音楽ファイルなどの違法ダウンロードが相次ぎ、

 関係業界に多大な損害を与えている。

 従来、違法なアップロードは著作権法で処罰対象とされていたが、

 ダウンロードには刑事罰が科されていなかった。



というわけで、違法ダウンロードが処罰対象に向けて動き出したようです。
ツッコみ所が多そうね(黒笑←

まずダウンロード。
これの定義がまったく為されていないわけですが、
①ページにアクセスし、著作権侵害している画像を表示する
②動画サイトで著作権侵害している動画をストリーミング再生する
③著作権侵害している動画を動画サイトなどで再生し、それがキャッシュに残る
④キャッシュに残ったファイルをバックアップする
⑤キャッシュを移動する

ざっと思いつくだけでこのくらい疑問が出るわけですが、これってどこまでがセーフなんでしょうね(苦笑←
キャッシュのバックアップとか移動なんて、リアルタイムで見ていなければ判明しようがないですし。
そもそもキャッシュもダメ、なんて言われたらネットできないよね(笑


ダウンロードに関しても、
①「モンスターハンター(映画名)」という名前のホームビデオ
②「ホームビデオ」という名前のモンスターハンター(映画)
をダウンロードした場合。

①は映画を違法ダウンロードしようとしたら、ホームビデオを落としちゃったパターン。
②はホームビデオをダウンロードしようとしたら、何故か著作権違反の映画を落としちゃったパターン。
この場合、①はセーフで②は違法なのか(謎
取りようによってはどちらにも取れます。

また、違法動画へのリンクをそれと知らずに踏んだ場合。
勝手に飛ばされた場所で知らないうちに違法動画をダウンロードし、その結果として逮捕。
決してあり得ない話ではないですね。
ワンクリック詐欺の次は違法動画へのURL付トラップメールが流行るのかしら(怖←

詰まる所、落とした側に違法ダウンロードの認識(悪意)があったかどうかなんて証明しようがないのよね。
ファイル名と内容が一致していたからと言って、ダウンロードした人間がそれを「不当にupされた映画」と認識できていたかどうかなんて立証しようがないし。
例えば「サッカー」という映画があったとして、「子供のサッカー試合だと思って落としたら映画でした」なんて場合。
これに違法性があるかどうか、悪意があったかどうかなんて第三者に分かりっこないのです。


つまりは都合のいい解釈の元、警察が点数稼ぎに一般人を検挙できる口実が増えたということですね(黒笑←←←
現実問題、こんなのが可決されたら全国の留置所が数日で満員になるでしょう。
そうなったら一口最大200万の財源確保ということで、税率アップより余程効率的な気がしないでもないけれど(え←

とりあえず、『ネット上では音楽ファイルなどの違法ダウンロードが相次ぎ、関係業界に多大な損害を与えている。』
この部分がまず見当違いというか、お門違いな気がします。
「高い金出して買うほどでもないけど、タダなら落とそう」というのが大半の考えであって、違法化されたらCDやらDVDの購入者が増えるかと言えば、そんなことはないのです。

大前提として、普通にネットしていて違法ダウンロードに接していない人間は居ないと言っても過言ではないでしょう。
ふと開いたページの隅っこ、無断利用されている画像やら、ミニウィンドウで自動再生される映像。
YouTubeでストリーミング再生した動画。
これらは全てダウンロードですから、理論上ネットに接続しているPCユーザーは皆検挙され得るということですね(酷←


と、素人にこれだけツッコまれる法案を、政治家がドヤ顔で提出したかと思うと、飽きれを通り越して滑稽にすら感じます。
そもそも施行に際して言及していない部分が多すぎる上、網がザルな割に搦め手が嫌らしいという外道さ。←
個人的には、違法ダウンロードがどうこうというより、『ネット閲覧=ダウンロード』という現状を真っ向からぶった切る法案が堂々と提出されていることへの危惧が大きかったりします。



というわけで、若干盛り上がりつつある(主にネタ的な意味でry←)題材でした。
最終的にこの法案が可決するようなら、ネット利用者の9割検挙だって(笑
・・・なんて会話が成り立っている時点で、検挙者筆頭だよね、という会話が身内であったとかなかったとか(適当←
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://narumichiori.blog41.fc2.com/tb.php/431-4e55bbad
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド