FC2ブログ

日記~言語発達のお話~

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
2011/05/27(金)13:52
~ブログ開設から468日 更新370回~


台風が近付いているとかで微妙にお天気崩れ気味な今日この頃。
6限終わって8時近い頃に降ってたりすると、帰る気が根こそぎ持ってかれたりするわけです(嫌
もう梅雨の時期かな、とか思いつつ。
こんにちは、朔です。



発達

目指す職種柄、子供の発達について学ぶことが多くなりました。
発達と聞いて、皆さんはどんなイメージを持つでしょうか?
今回は発達の中でも特に大きな言語発達のお話。
普段気にすることはないですが、子供の言語発達というのは大変にすさまじいのです。

例えば日本人には難しいと言われる英語の「R」と「L」の聞き分け。
実は新生児にはこの聞き分けができています。
それだけではなく、新生児というのは世界中の言語を音韻的に弁別することが可能なのです。
世界中の赤ちゃんが自分の国の言葉を母語とできるのは、ひとえに言語を弁別しているからなのですね(凄

ではでは、赤ちゃんにできていることが大人になるとどうしてできなくなるのでしょうか?
実はこの言語の弁別能力、勿体ないことに生後6~10か月で消失してしまうのです。
日本におけるRとLのように、発音における意味の違いがない言語の使い分けができなくなるのはそのためですね。
これがお隣の韓国なんかだと、同じ「グッパ」という言葉を[guppa][gwppa]*¹で使い分けているので、韓国人は母音の[u][w]の聞き分け&使い分けがしっかりできるというわけです。(*¹:IPAフォント使えないので間に合わせです(汗←)

一方、同じ発音でもアクセントによる使い分けができるのが日本語です。
例えば「あめ」や「はし」は、「飴」「雨」、「橋」「箸」「はし(っこ)」など、言葉のアクセントによって意味を区別していますね。
こんなカンジで、言葉の持つ意味が母音によって変わる言語なのか、アクセントによって変わる言語なのかによっても、子供の言語発達は変わっていくのです。


その後の発達、特に言語面について。
まずは新生児期に叫喚発声(要は叫んでます←)、2~3ヶ月になるとクーイング(非叫喚発声)、4~6ヶ月に喃語(あー、うー)、6ヶ月には基準喃語(子音+母音)、8ヶ月で基準喃語がピークとなります。
この辺りで基準喃語が見られるかどうかを、聴覚障害児やダウン症などの音声発達障害の指標とすることができます。

1歳になると初語が出始め、単語なんかも徐々に話すようになってきます。
一般に喋れるようになる、というのはこのくらいの時期を指すことが多いのではないでしょうか。
その後1歳半の語彙爆発をもって、すらすら喋ったり、使える言葉が爆発的に増大したりするようになります。
よくある「ウチの子ったらこんなに車(・動物・電車etc...)の名前覚えて天才じゃないかしら!?」ってのもこの辺り。
天才かどうかは分かりませんが、少なくとも言語発達は順調ということです、お母さま♪←


2~3歳になると単語同士をつなげて文章を作れるようになります。
例えば子猫を見て「小っちゃいにゃーにゃーいた」とか。
あとは「あれ何?」「これ何?」といろいろなものに対して興味を持つようになります。
小っちゃい子供と接したことのある方や、親になった経験がある方なら分かるのではないでしょうか。


以下、個人的にかなりツボだった教材(何←

ロバを指さしながら。
子「あれ、何うま?」
母「ロバさん」
子「ろばうま?」


・・・いや、何かすべてがツボだったんだもん//←←
おしとやかなお母さんが子供の「ろばうま?」で吹き出してるところとか、母→姉さま&子→お姉で勝手に脳内再生されたりとか、そんなのを想像したら一気にもってかれてしまいましたとさ(苦笑←
ちなみに「ろばうま」もといロバさん↓
http://animal.myds.jp/animal/donkey/a.gif

似てないこともないけれど・・・(汗



そんなカンジでたまには勉学的な内容でした。
将来結婚して子供を持つなら、この辺りのことを知ってて損はないのかな、と思います。
もっとも、こんなの知らなくたって健康に育ってくれれば何の問題もないのですが(苦笑
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://narumichiori.blog41.fc2.com/tb.php/389-27b63dc1
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
あなたの育児ストレスが一瞬にして解消され、発達障害のお子様がお利口さんになる方法をお教えします。
2011/05/28(土) | 発達障害の子育て教育体験記

 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド