FC2ブログ

映画~秒速5センチメートルなんだって~

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
2011/04/13(水)18:27
~ブログ開設から424日 更新356回~


通学途中や大学構内に桜の木が結構あるのですが、日に日にピンクが鮮やかになりまして(麗
暖かい日だと外でお花見でも、なんて思うわけです。
朱塗りの杯によく冷えた清酒、そこに舞ってきた桜の花びらでも浮かんでいれば、それだけで十分美味しいそうね、なんて微妙におじさん臭いことを言ってみたり。←
こんばんは、朔です。



秒速5センチメートル

朔の中では春といえば 花粉症 桜、そして桜といえば秒速5センチメートルなのです。
ずいぶん前に書籍の方はレビューを書きましたが、映画の方も少し前に視聴したので感想など。
若干ネタバレを含みますので、未読or未視聴の方はご注意下さい。


感想
原作通りの3部構成なので、お話ごとの場面転換が若干大きいです。
特に水野さんとあれこれのくだりはメールでのやり取りと本人描写のみですので、未読だと置いて行かれるかな、なんて。
最終章もかなり短めですが、1章・2章からの展開を受けて短く締めるなら、やっぱり人物間のやり取りや関係がわかる描写がもう少しほしかった気がします。

一方作画の方は相変わらずの新海クオリティとでも言うのでしょうか。
どこか幻想的な雰囲気を醸し出しつつ、それでいてリアリティも高いという、非常に綺麗なタッチで繊細に描かれています。
おそらく作画への文句はでないのではないかしら。
個人的にはそのくらい満足のいくものでした。
配役や音楽に関しても合格点以上で、十分に納得のいく出来です。

しかしながら、新海作品のお約束。
ラストがハッピーエンドになることはまずありません(暗
とりわけ秒速は、視聴後に何とも言えないモヤモヤと暗鬱感が残ります。
というのも、この作品で取り上げられている題材が、その年頃の子たちなら皆が体験、あるいは憧れたような内容だからです。

つまりは人を好きになって、付き合って、幸せになって、けれどどこかですれ違って、だんだんと離れていって・・・
しかもそれが強調されているのではなく、何気ない描写で表されているからこそ、そんな些細な部分に自分の思い出や考えを無意識に重ねて、余計に切なくなるのかな、なんて。
良くも悪くも、自分が自分の中で、いろいろな感情にもみくちゃにされるような作品でした。

中学生の2人が小さな小屋で一夜を過ごす場面。
お互いの時間を分かち合えたという幸福感だけで、その後どこまでもその影を追ってしまうのは幸せなのかどうか。
暗さと切なさと、あと何ともいえない居心地の悪さに浸りたい方はどうぞ(酷←



そんなカンジで桜関連のお話でした。
もうそろそろ満開→徐々に散華となりますので、余裕のある方はお花見などいい時期かもしれませんね♪
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト



この記事へのコメント
花見は大分やってないので久々に行きたいですが
状況が状況なので、なかなかって感じです・゚・(ノ∀`;)・゚・

私のところはまだ咲いてないので、楽しみです^^
2011/04/13(水) 20:48 | URL | †clown† #-[ 編集]
こんばんは♪

たしかに、まだまだのんびりお花見って雰囲気ではないですよね(苦笑
こんなに綺麗なだけに残念ですが・・・

†clown†さんのところでは、まだ開花が進んでいないのですね。
ちょっぴり遅めのお花見もいいな、なんて思ったり//
2011/04/14(木) 17:59 | URL | 朔 #o/PXu/q6[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://narumichiori.blog41.fc2.com/tb.php/375-d5a751c0
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド