FC2ブログ

書籍~θ絶叫する 紅の 海原~

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
2010/08/20(金)16:17
~ブログ開設から188日 更新195回~


暦上ではもう秋ですね。
まだまだ暑さは厳しいですが、昨日辺りは夜風が気持ちよかったり。
このまま熱帯夜も抜けるといいのだけれど。
こんにちは、朔です。


MHF。
昨日は引き続きキャラバンで色集め。
その後、ラヴィ用の装備を検討したりしていたので、取り立てて書くことが無かったり(苦笑←
基本イベントの取り残しも無いので、今週のイベクエ大量配信でもすることがないという(酷


というわけでMHFはちょっぴりお休みして、懐かしの読書ネタでも。
今回は、通算3週目となる有川浩さんの『海の底』です(多←
自衛隊3部作の1つですね。
『書籍』項目で有川率高いのは、きっと気のせいじゃないです//


大雑把なあらすじ
物語は横須賀の米軍基地と、基地内に停泊中の海自潜水艦「きりしお」を舞台に展開します。
基地の一般公開にあたる桜祭の日、突如として謎の巨大甲殻種が米軍基地に襲来。
レガリス』と呼ばれるザリガニによく似たそれは、基地内の人間を襲い、次々に喰らっていきます。

現場に居合わせた実習幹部の夏木と冬原は、逃げ遅れた子どもを伴って「きりしお」艦内に逃走。
脱出を試みながらも、子どもを交えた篭城生活は日に日に苦しくなっていきます。
そして、意図せぬ共同生活を通して、それぞれの子どもたちが抱える問題も徐々に浮き彫りに。

一方、基地の外では自衛隊、警察、そして米軍が各々の立場で鬩ぎ合いを見せます。
その間、機動隊は市民を守るために、単身レガリスとの戦闘に身を投じることに。
人間とレガリス、その存亡をかけた戦いが――始まる。


・・・と、それっぽいことを思わせぶりに書いてみたわけですが(笑←←←

読みどころ。
①「きりしお」内部でのあれこれ→6日間の篭城生活
②対策本部でのあれこれ→烏丸の采配・明石の策謀
③後日談&前夜祭のあれこれ→読んでからのお楽しみ
「艦長オォォォ―――――ッ!!」
 正直、最初の次点で感情移入が無かっただけに、前夜祭と合わせると感動が凄まじいです。


――覚えているより綺麗になった。
「初めまして、ですよね?」

うん、これはズルい。
最後にこんなの持ってこられたら・・・//
3度目なのにラストはやっぱり泣いちゃいました(苦笑←
というわけで、『海の底』勝手にレビューでした(笑
お気に止まった方は、是非ご一読下さい(礼



ちょっとずれてジアビス
アクションはKHくらいしかプレイしていないので、とにかく動かし辛い印象。
ロードも遅めで少し煩わしい感触。
あと、術技発動時に『双牙斬!』とか叫ばれるのが地味に恥ずかしかったりします・・・//

コーラル城にて。
攻略後、エントランスに『ソードダンサー』というボスっぽい方がいたのでエンカウントしたものの、数撃でK.O(酷←
・・・はい、LV20くらいまで上げてリベンジしちゃいました♪(笑←←←
この先もこんな無茶敵ばかりなんだろうか・・・(怖

ストーリーは微妙に掴めてきたものの、まだまだルーク様(←)に振り回されております・・・(汗
お話が進めばもう少し大人しくなるのかしら。
そして通常戦闘、↓+○を連打しているだけで殆ど勝てるのですが、コンボとか狙った方がいいのかな、なんて。
初テイルズですので、まだまだ不慣れです。


うん、とりあえずそんなカンジ。
MHFについては、今週はキャラバンと放置イベクエを頑張ろうと思いますので、収拾がついたら記事にしたいと思います。
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://narumichiori.blog41.fc2.com/tb.php/208-b8eedb23
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド