FC2ブログ

書籍~盛り合わせ~

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
2010/06/08(火)19:59
~ブログ開設から115日 更新126回~


今日は今日でちょっぴり涼しかったり。
少なくとも昨日よりは確実に涼しいのに、何故か空調入ってて寒かったのです(凍
こんにちは、朔です。


帰りに書店を覗いてきて気になったのをいくつか買ってきました(嬉
今回購入したのは、
・邪魅の雫
・冥談
・√セッテン
・植物図鑑


やっぱり定期的に読みたくなる京極文学。
前回読んだのが『塗仏の宴』で、高校卒業間際くらいだったので、かれこれ3ヶ月くらいまともに読んでいなかったのです・・・(悲
それでも冒頭だけ立ち読みすると、それだけで引き込まれる世界観の構成力と文才は凄まじいな、なんて(尊

基本的に『百鬼夜行シリーズ』に代表されるような、戦後間もない昭和初期が時代背景に据えられている作品が好きなのですが、『ルー・ガルー』や『巷説百物語』のように時代が異なる作品でも、同じように楽しめる点はやはり才能ですね(苦笑
個人的に歴史的背景をネタに組み込む作家さんは、それを取っ払った作品だと内容が薄くなったりする気がするのですが、京極さんに限っては外れた事がないのです。
2作とも、時間を見つけてじっくり読み進めたいと思います♪


『√セッテン』は何となく面白そうかな?と思って衝動買いです(汗←
内容については全く知らないので、とりあえずハズレじゃないことを祈りつつ(何←


そして読み直したかった『植物図鑑』。
一冊2500円の図鑑シリーズとかじゃないのです(笑←
有川浩さんの『植物図鑑』という作品です。

高校の図書室で見かけて何気なく借りてみたのですが、物の見事に涙腺をやられました・・・(号泣
有川さんの作品は全体的に、メインテーマ+若干の恋愛要素パターンが多いのですが、恋愛メインでも十分戦えるレベルだと思います・・・(苦笑
感動のベクトルも久々に前向きな(?)と言うか爽やかなカンジで、読後はすっきりします(笑


最後にMHF。
明日からお祭ですが、韋駄天でお疲れの方はごゆっくりお休み下さい(笑何←
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://narumichiori.blog41.fc2.com/tb.php/138-6495bd03
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド