FC2ブログ

雑事書架2011年04月20日

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
2011/04/20(水)17:49
~ブログ開設から431日 更新359回~


暖かくなってきて・・・なんて書いた途端に雨降りで。←
昨日今日辺りは寒さを感じた方も多いのではないでしょうか。
風雨だけでごちそうさまなのに、せっかく咲いた桜も花弁を散らせてしまいました(無散
ゆっくり見る間もなく、蕾だらけの葉桜手前に・・・(泣
こんにちは、朔です。



砂糖菓子の弾丸は打ち抜けない/桜庭一樹

レポートの合間に一冊。
最近、桜庭さん→有川さん→京極さん→綾辻さんをヘビロテしてる気がするのは、たぶん気のせいではなく。←
ハードカバーまで手が回らないので、息抜きに読める単行本or文庫本率高し、です。
流石にハードカバー本を片手読みするようなマネはできません。←



感想

まずは、ものすごく後味が悪い作品だったということ。
私が読破した作品の中で、読後の後味が最も悪かったのは東野圭吾の「さまよう刃」でしたが、これは結構いい勝負。
ただ、後味の悪さの中にも浄化というか洗礼というか、カタルシスを感じさせる雰囲気があったのも確かです。
該当部分(『私』が山の中で藻屑のバラバラ死体を見つけるシーン)ではそれが顕著で、死体であるにも関わらず、それが聖遺物か何かに感じさせるような雰囲気がまた上手いなぁ、と思わされたり。

それから藻屑の障害について。
大抵の障碍者の方は、自分に障害があることを周りに悟らせないようにしますが、藻屑も同じように自分の障害を隠します。
もっとも、それがわかるのも終盤なのですが、「自分は人魚だから上手く歩けない」というように、藻屑は「自身=人魚」の方向にミスリードし、周囲も「藻屑の歩き方が変→人魚のロール」というように解釈している描写があるので、私は最後まで騙されたままでした(汗

あとは見せ方。
物語は『私』が山を登りながら過去を回想する、という形で進みますが、物語が進むたびに『私』の嫌な予感が現実になっていくような展開の仕方はすごく秀逸だと思います。
特に犬のメタファー。
かなりエグい角度からのアプローチが際どくもあり、綺麗でもあり。

そんなカンジで「砂糖菓子の弾丸は打ち抜けない」でした。
将来を打開していくとか、理想を実現するとか、そういう意味では実弾を撃つことの方が大切です。
けれど、甘くてベタベタで、無力だけれど誰も傷つかない、そんな砂糖菓子のような弾丸が恋しくなることも、きっとあるわけで。
そんな時は、おもちゃのピストルに砂糖菓子の弾丸を込めて、自分の世界に反乱してみるのも案外悪くないのかもしれませんね。



MHF
結局10.0をプレイする間もなくフォワードを迎えたわけですが、復帰できる日は来るのかしら、運営さん♪(黒笑←←
もうなんか放置プレイというよりは、死体遺棄もとい不具合遺棄なカンジが。(酷
とりあえずは、いつの日か復帰できることを祈りつつ。
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト



 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド