FC2ブログ

雑事書架2011年03月09日

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
2011/03/09(水)19:23
~ブログ開設から389日 更新346回~


U-ノザワシン ザワン・シン・・・!」 トービアス/.hack//Quantum

随分前に記事にした.hack//Quantum
やっと購入&視聴できたので、レビューなど。
こんばんは、朔です。



.hack//Quantum

現在2巻まで発売中。
次回3巻は3月25日の発売になりますです。
とりあえず、以下感想。


感想
まずはキャラクター。
各キャラの外見が無印キャラのマイナーチェンジということで、発売前から気になっていたところです。
結論としてはサクヤ・メアリ・トービアスは『○○タイプ』というような、無印キャラベースでキャラエディされた様子。
これはサクヤがメアリに「ブラックローズタイプにしたんだ」と発現しているところから分かりますね。

一方でIyoten&アスタはプレイヤーもPCも『G.U.』と同一だったり。
他にもシャムロックのプレイヤーはお馴染みの佐伯さんだったりするので、この辺はちょっぴり複雑かも。
対ザワン戦に出てきた揺光さんやアトリさん(っぽい外見のPC)については言及が無かったので類似PCなのかな(謎

とりあえず2巻まで視聴して、キャラクターはリアル・PC共に良く作り込まれているな、と感じました。
ただ、ここまで作り込むなら無印キャラのビジュアルをわざわざ持ち込まなくても良かったかな、なんて。
完全オリジナルビジュアルのキャラクターでも、この内容なら十分に引き込まれるだけの魅力があったと思います。


次にストーリー。
時代はR:Xということで、R:2の『G.U.』やR:X初期の『Link』よりも未来の話になります。
主軸は主人公3人がthe Worldをプレイしていく過程で、様々な異変に遭遇していく、というようなカンジ。
「プレイ→異変に遭遇→未帰還者」の流れは.hackシリーズ全編に共通ですが、話への引き込み方は相変わらず上手いです。

後は冒頭のザワン・シンとか、フィアナの末裔とか、PCモデルになった無印キャラクターとか。
各所に過去作品とのコラボがあって、古参の方は思わずニヤッとしてしまうかも(笑
特にシャムロックがタルヴォス(多分)を発動した時とか、佐伯さんのリアル描写なんかは嬉しかった人も多いはず。
アバター発動はあの音だけでテンション上がるよね、うん。

主題歌は全館共通なのかな。
南里侑香さんの「雫 -shizuku-」
作品の雰囲気に合っていていいカンジです。


次回予告





そんなカンジでレビューでした。
ここまで2巻の出来は文句無しに楽しめるレベルだったので、3巻もこのクオリティで(笑
.hack//知名度が上がる事を願いつつ。
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト



 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド