FC2ブログ

雑事書架2010年11月

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
2010/11/30(火)11:59
~ブログ開設から290日 更新285回~


TPP
参加かどうかでもめてますね。
工業サイドからすれば車やら機械製品の輸出増で嬉しい反面、農業サイドには外国産農作物の輸入で大打撃だったり。

韓国とアメリカなんかを見ていると、自国の経済回復にはいいのかな、なんてのは個人的な意見。
どちらに転ぶかはともかくとして、工業・農業両サイドに優しいものになれば、と思います。
・・・それでも参加したら農業壊滅的なんだろうな、とか思いつつ。←
こんにちは、朔です。


リアル
昨日は大学で献血者を募集していたので、3と5限の間に参加してきました。
いつかの健康診断でも書いた通り、朔は注射が怖いです。←
では、なぜ参加してきたかというと血液型。
これが分からなかったからです。

生まれて19年になりますが、出生後の血液検査で何故か両親に血液型が明かされなかったらしく、今まで不明でした(酷←
それ以降の学校での血液検査は、異常なしとかありとかの判定のみだったので血液型までは分からず。
・・・そんなこんなで今日に至るわけです、はい(え←←


で、結果。
血液型は周りから言われ続けてきたようにAB型でした。
・・・うん、これは何となく納得。

問題は次で。
血液型にはABO式血液型と、Rh式血液型があります。
ABO式は皆さん知っての通り、A・B・AB・Oの4種類に分類されますね。
これは赤血球の持つ抗原の違いによって、型を分ける方法です。

因みに、
A型→A抗原だけを持つ 
B型→B抗原だけを持つ
AB型→A、B両方の抗原を持つ
O型→A、B両方の抗原を持たない

A型は抗B抗体、B型は抗A抗体、O型は抗A・抗B両方の抗体を持っており、AB型はそのどちらも持っていません。
抗体というのは特定の抗原と特異的に結合し、不活性化(簡単に言えば破壊)してしまうタンパク質のことです。
分かりやすく言うと、A抗原を持つA型の人に抗A抗体を持つB型の血液を輸血したりすると、A型の血液は破壊されてしまうのです。
異なる血液間での輸血ができないのは、このためですね。



そしてもう1つの分類法であるRh式血液型。
これは↑のABO式とは関係なく、赤血球にRh因子があるかないかで2つの型に分類する方法です。
Rh因子があればRh⁺で、なければRh⁻と分かりやすいですね。

しかしこちらにも輸血のルールがあって。
Rh⁺→Rh⁻に輸血すると、Rh⁻の授血者に抗Rh抗体(抗D抗体)が生成されてしまうのです。
しかもRh⁺の女性がRh⁻の子どもを妊娠してしまうと母体に抗Rh抗体が出来てしまい、2人目以降の子どもを妊娠した時、母体の抗Rh抗体が子どもの血液を凝集して、新生児性溶血性疾患なんかが起こったりもするのです。

ですからRh⁻の血液を持つ人は輸血の際に使える血液が限られますし、女性の場合は妊娠した胎児の血液型によって出産が少々面倒になったりもします。
※今は事前に検査をして適切な処理を行えば、問題なく出産できるようです。



で、何でこんな講義のレジュメみたいな文章をつらつら並べているかといえば。
・・・朔がAB型のRh⁻だったからで。←←←

日本の血液型分布は、A型が約40%、O型が約30%、B型が約20%、AB型が約10%です。
さらに全体の99%はRh⁺であり、Rh⁻は1%にも満たないのです。
それを踏まえて大雑把に計算すると、日本人におけるAB型のRh⁻は2000人に1人くらいになりますです。
要は一番少ないところ同士で合わさってしまったということですね。

ということは、ケガとかして輸血が必要になったら危ないんじゃない?ってお話(他人事←
何人いるかわからないけれど、朔がケガしたら全国のAB型Rh⁻さん、助けてくださいね♪(笑何←
・・・BPもHC素材も当たらないのに、こんな微妙なところだけ大当たりするという(酷



そんなカンジで血液のお話でした。
自分の血液型が分からない方は、今からでも知っておくといいかもです。
あと輸血用血液が足りていないようですので、余裕がある方は献血へどうぞ♪
ではでは、この辺で。
スポンサーサイト



 | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド