FC2ブログ

ゲーム

日常、書籍、音楽にMHF。当書架では様々な雑事を扱っております。どうぞ、ごゆっくり閲覧下さい。
2012/03/26(月)11:37
~ブログ開設から772日 更新434回~

花粉さんが徐々にアップを始めた今日この頃。
今年はまだお薬を貰ってきていません。
・・・これは花粉さん大勝利の予感(死←
こんにちは、朔です。



零~月蝕の仮面~

買っちゃった、てへ♥←
というわけで、以前より気になっていたけれどハードがwii故に買い倦ねていた月蝕です。
先週のお買い物の時に偶然見つけて、安かったので思い切って購入してしまいました(笑
本体が6000のソフトが5000だったかな。

零~月蝕の仮面~ 公式ページ">零~月蝕の仮面~ 公式ページ


1週クリアして2週目の終盤までプレイしました。
零シリーズは毎回、1週目では1つのエンドにしかたどり着けないのですが、2週目に高難度でプレイすると別のエンドが見れる、という伝統があるので、現在はそちらを目指してプレイしております。

とりあえず、現在までの感想。
・能登こわいよ能登
・亞夜子ちゃんマジ天使
・円香ェ・・・
・海咲が好きです、朔夜も好きです、でも海夜のほうがもーっと好きです
・院長も助手も、看護婦さえも空気読まない
・ピアノパートでぷるぷるするポインタがラスボス
・鬼灯ちゃん可愛い♪・・・よね?


ネタのようなホントの感想。
亞夜子ちゃんマジにゃんにゃん(猫↓


主人公
流歌:メイン主人公。儚げ美人でピアノの人。たまに詩人さんだったりする。能登かわいいよ能登。
海咲:サブ主人公。わがままなお嬢様。円香をはべらせつつ、海夜越しに朔夜を見ているというプレイガール(違←
円香:序章主人公兼怨霊(え。海咲が自分の影に誰かを見ていることを知りつつ一緒にいる。これは悲しい。
長四郎:サブ主人公。唯一の男性。刺青の螢ちゃんより3倍くらい強い。というか↑の主人公よりも強い。実は故人。

とりあえず、心配していたほど操作性は悪くなかったです。

下を向くのがちょっと面倒なくらい。
反面、走ったりすると画面が重くなり、動作がカクカクするのが多かったかな。
Wiiも中古なら5~6000円で済みますし、零シリーズ好きなら買って損は無いと思われます。
ただしバグが結構あるので、購入予定の方は事前に情報確認をお忘れなく。



というわけで、零~月蝕の仮面~でした。
ハードはWiiですが、しっかり零の雰囲気が出てて良かったです。
6月には紅い蝶リメイクの「零~眞紅の蝶~」も発売されますので、こちらも合わせてどうぞ♪
ではでは、この辺で。
2011/09/02(金)13:28
~ブログ開設から566日 更新391回~


8月も終わって9月が始まり。
涼しくなってくると暑さやセミさんの鳴き声が恋しくなる不思議(謎
夏の終わりも近くなってきましたね。
こんにちは、朔です。



零~紅い蝶~

zero2.jpg


零シリーズの2作目、紅い蝶。
半年ほど前に購入してプレイしたのですが、少し前にまたプレイしたのでレビューなど。

基本操作やシステム面での大きな変更は無さそう・・・かな?
零~Zero~ではアイテム消費だった特殊撮影が、霊力ゲージの追加で撃ちやすくなりました。
射影機強化や霊撮影で何周かすることになるので、ストーリーへの引き込みも強いです。

難易度によって変化するエンディングは2種類(箱版は+1)あり、複数の結末を迎えられるのは零シリーズ共通ですね。
私はイージー→ノーマル→ハード→ハード→ナイトメアで5周しました。
ハードを2周しているのは万葉丸&零式フィルム回収のためです(臆病←
その結果↓

P1000156_convert_20110830085038.jpg

ランクBですがとりあえずクリアできました♪
ナイトメアの場合は殆どの攻撃で体力の7~9割持っていかれるので、回復アイテムが無いと厳しくなりますです。
逆に言えば回復アイテムの数次第ではゴリ押しもできたりできなかったり(秘←
そんな理由から紗重ちゃんよりも忌人×2の方が強いのは内緒(秘←←
深道の階段付近なんか難易度名通り悪夢なのですよ。(死

びっくりが多いのも紅い蝶の特徴。
霧生家の納戸から外を覗いたときに現れる子供とか、立花家の階段から落下してくる人とか、首の折れた女etc...
イージーの時は部屋真っ暗&ヘッドフォンでプレイしていたので、普通に声が出ました(泣←
ハード2回目は3人でプレイしていたのですが、子供に覗かれたときビクッとした姉さま可愛ry←

各キャラクター

澪→シリーズ1驚かない主人公。メンタルが強いため怨霊に絡まれても叫ばないプレイヤーに優しいキャラクター(笑
繭→若干病んでるお姉ちゃん。虚エンドの後、湖の畔で盲目の澪に連れ添って歩き出す際の薄笑みがツボすぎてもう//
紗重→被害者その1。zero、刺青のボスと違ってあんまり怖くなかったかも。後半可愛く見えてきたけれど気にしない←
八重→被害者その2。逃げちゃった人。
樹月→被害者その3。髪の白いお兄ちゃん(弟)視力が弱いのはちーちゃんではなくこちらなのでは。←
睦月→被害者その4。登場は名前だけ(多分)だったけれど、樹月の髪を黒くしたら睦月になる・・・のかも。←
千歳→ちーちゃん可愛いよちーちゃん//お姉と名前が近かったから余計に可愛ry・・・ 出てくると和む怨霊(え←
茜→被害者その5。鬼隻になったお姉ちゃん(妹)「殺したくない」の方
薊→被害者その6。蝶になった妹(姉)で身体がお人形。「殺さないで」の方

エンディング

イージー&ノーマル→紅い蝶エンド
ハード&ナイトメア→虚エンド
箱版ナイトメア→約束エンド

個人的には虚エンドが好きながらも、一番しっくりきたのは紅い蝶エンドだったり。
「お姉ちゃーーーーん!」は演技が素晴らしかったのです(泣
零シリーズは和風ホラー+やりきれない系の切なさを絡めてくるので、感動要素も多めなのです。






エンディングは天野月子さんの「蝶」
朔は、このゲームでつっこさんを知った友人が歌った「鮫」でつっこさんを知りました(複雑←





そんなカンジで零~紅い蝶~でした。
記事内で色々とネタバレしている気がしますが、気になられた方は是非ともプレイをどうぞ。
それはそうと、人生で1回くらい「お姉ちゃーーーん」って叫んでみたいよね(笑何←
ではでは、この辺で。
2011/05/04(水)10:53
~ブログ開設から445日 更新363回~


暫定レポート+GW中のレポート=来週までのレポート総数5→消化数3/5
ダンス部からの依頼:音楽編集スキル習得→進捗度50%弱
実家&親戚周りの田植え25枚→残数12枚
どう考えても連休返上です。本当にありがとうございました。←
こんにちは、朔です。



零~zero~

↑のように抑圧された生活してると露骨に消費が激しくなります。
その場のテンションで購入して、帰ってきてから衝動買いと気付くのが最近パターン化していうような・・・(酷
そんなカンジで後悔はしていませんが、間違いなく衝動買いだった「零~刺青の聲~」
最初の目的だった座椅子はどこにいってしまったのでしょうか。←

そして「刺青の聲」が零シリーズ3作目だったことはプレイ中に知りました(何←
運良く・・・というかかなり奇跡的にシリーズ全部持っていた友人に1&2を借りられたので、夜にひっそりとプレイ。
ホラゲは初めてだったのですが、驚かすことしか考えてないようなB級ホラーチックではなく一安心でした。
背景もしっかりしていて、どちらかといえばストーリー重視だったのかな?

とりあえず、初見プレイでクリアまで6時間弱(早
序盤~2夜辺りまではホラー要素が強かったですが、終盤はひたすらに霧絵さんに同情(泣
もういっそ、氷室の頭首~宮司辺りは放置→True Endでよかったのではないかしら。(黒笑←
あとお兄ちゃん、一目惚れならそうと言ってくれれば良いのに//(微笑←


零~zero~×銀猫


クリア直後だと涙腺が大変なことになりますです。
霧絵さん、すごく綺麗な人だったのに・・・(泣
やっぱり頭首は目隠しの面かぶせて縄裂するべきだと思うの。



そんなカンジで簡単ですが、零レビューでした。
追々、「紅い蝶」もプレイしていきたいと思います。
ではでは、この辺で。
2011/02/27(日)12:16
~ブログ開設から379日 更新340回~


『アイナたーーーん』 ●―●ー/.hack//G.U. TRILOGY(パロディモード)



ザ・カリスマブレイク
高笑いとかいっそ清清しいよね、うん。
こういう「公式が病気」的なノリ、大好きです//(何←
G.U.本編でもパロディモードやってほしかったな、なんて思いつつ。
こんにちは、朔です。



FFⅨ

▽進捗状況
デザートエンプレス→チョコボ育成→イプセンの古城→輝く島→テラ→ディスク3終了

というわけで終盤も終盤。
ディスク3までクリアとなりました。
見所はやはり、テラへの帰還とジタン出生のお話でしょうか。

他には4つの社に鏡を納めるシーンにて。
風の社でのビビとスタイナーのやりとり。
相手が早すぎて魔法が当たらない→スタイナー:組み合って抑えるからその隙に→ビビ:もし外れたらスタイナーが・・・
「……信じているぞ、ビビ」

いつも『ビビ殿!』だった呼称が『ビビ』に。
本当にビビを信頼している、ということが分かるシーンですね。
とっつぁん スタイナーはディスク2後半辺りから、一番成長したキャラではないかと思います。


そしてパンデモニウム内でのジタン覚醒→1人でガーランドに挑みに行くシーン。



BGMは『独りじゃない』固定。
ボス3連戦で途中仲間が参戦の流れになります。
ここもかなり盛り上がる展開になっていますね(燃



そんなカンジでディスク3終了。
残るディスク4はそんなに長くなかった(気がする←)ので、ちゃちゃっとクリアできれば、と思います。
ではでは、この辺で。
2011/02/23(水)12:55
~ブログ開設から375日 更新337回~


バイトとか大学とか課題とか。
やらないといけないことがないと、9時過ぎまで寝ているのがデフォになります。←
やっぱり私は背中をせっつかれている方が頑張れるようで(苦笑
・・・それは隣で丸くなっていたお姉もだけれど。
こんにちは、朔です。



FFⅨ

▽進捗状況
アレクサンドリア→トレノ→アレクサンドリア襲撃→リンドブルム→デザートエンプレス→ウイユヴェール突入


「覚悟は良いか、ベアトリクス!」
「今宵、この命が露と消えようとも私は一向に構いませぬ!」
「良い心掛けだ!行くぞ、ベアトリクス!」

「うぬぬぬぬ!このバケモノめ!スタイナーとベアトリクスが相手をいたす!」
「ガーネット様のため!」 「姫さまのため!」

「自分は姫さまとアレクサンドリア・・・
 そして、ベアトリクス!おまえをも必ず守ってみせる!!」

「ベアトリクスよ、おまえと言葉を交わせるのは、もしかすると、これが最後になるかもしれんぞっ!」
「もとより覚悟はできてます!」
「もはや、おまえの顔を見ることすらかなわぬが、最後にこれだけは伝えておこう!」
「いいえ、もうその先の言葉は言わないでください!」
「いいや言わせてくれ!」
「いけません!その言葉は私たちが再び生きて会うことができた時にっ!!」

トランス!


BGM『守るべきもの』


というわけで、例のあのシーンでございます。
・・・うん、テンション上がらないわけがないよね//(燃
個人的にⅨで一番印象に残ったシーンであり、最も燃えるシーンでもあり。
敵に場内に討ち入られる場面ですね。
BGMの「守るべきもの」かなりいいカンジです(守

酷い扱いを受けていたスタイナーが一番輝けるシーンですが、リアルに格好良いと思ったプレイヤーも少なくないはず。
ベア様も満更でもない様子なのがまたいいですね(笑←
ブルメシアで「虫ケラが!」とか言っていた人と同一人物とは思えないけれど(苦笑



そんなカンジでディスク3冒頭でした。
・・・思い返してみると、Ⅸも隠れ名曲が多いのよね。
若干『キャサリン』が気になってきたので、購買欲に負けないうちにⅨを攻略してしまいたいと思います。
ではでは、この辺で。

Before  | Copyright © 雑事書架 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド